脱毛が気になってしまいます

わたしも物凄く不安を感じたのではありますが・・・
遂に体験脱毛?みたいなのに行ってきました!
しかも一回で4つのサロンに(笑)
様々あるサロンまで出向いて確認しないと、脱毛サロンの脱毛効果のほどなんかは認識できないかなって考えていたからなのではありますが・・・。

そのため、脱毛サロンの脱毛効果のほどは苦痛に比例する、という結論に到達したのです。
無論体験した所が違うこと、条件による差、とかもあったは推察していますが、苦痛が強いほど効果のほどがあったように考えました。

でもこれ、ほぼ、一際想像しやすいと思われます。
だって美容外科でのレーザー脱毛は、脱毛サロンの光脱毛よりも益々きついと聞きます。
つまるところ、苦痛で大なり小なり効果のほどが変わってしまう、という実態。

光脱毛もレーザー脱毛も、どちらも毛の生成工場を壊すため、痛みが出るのと考えます。
そうだとしたら、苦痛が強いほうが、どうみても工場を壊してあることになりますよね?
だから、わたしは脱毛ときの苦痛=脱毛効果のほどだからではないか、と考えます。
まぁ所詮、素人のルールですけれども(笑)

余談ながら、苦痛を捉えたくないようであれば、それなりの頻度、脱毛サロンに通う責務があると考えます。
代わりに苦痛に襲われても良いようであれば、脱毛サロンへ伺う頻度はほんの少しですむかもしれませんね。